雲のやすらぎ 寝心地 いびきと肥満について

いびきはなんらかの理由で上気道が狭くなって起こります。このいびきの原因で最も多いのが肥満といあれています。
じつは、肥満によって喉や首の周りについた脂肪が上気道を狭くしてしまいます。

その狭い上気道の状態で眠ると、軟口蓋や舌根が沈んで気道を塞いでしまうため、肥満の人はいびきをかきやすくなるのです。
太っている人はいびきをかきやすいからといって、単なるいびきだと侮ってはいけません。気道を塞ぐということは、眠っている間に無呼吸になる睡眠時無呼吸症候群にもなる可能性があるということです。

肥満が原因のいびきの場合には、いびきに対する治療の他に減量がかかせません。肥満はいびきの原因になるだけでなく、生活習慣病である糖尿病や高血圧などの原因にもなります。

また、肥満によって上気道が狭くなって眠っている時に呼吸が辛くなることから血液の酸素不足となり、この酸素を補うために心拍数が増えて血圧が高くなります。このように、肥満による呼吸が血圧を高くしている場合もあるのです。

いびきは、体の状態を知らせてくれるシグナルなのです。

肥満だけでなく、加齢による筋力低下もいびきの原因ですので、太った人は年齢と共にいびきをかきやすくなります。
そして、体重が増加するほどいびきをかきやすくなります。

いびきをしっかり治療するためには、体重を管理して太り過ぎないように心がけてください。また、現在いびきをかいていない人は太らないことがいびきの予防につながります。健康に生活するためには、肥満解消はかかせないのです。

いびきで睡眠を妨げるだけでなく肥満になると高血圧、糖尿病をはっしょうしてしまいますので。


うるさいいびきや睡眠時無呼吸症候群での無呼吸は、深刻な影響を体に与えることがわかっていますので、放置せずにそのような場合には専門医の診察を受けて、適切な治療を受けてください。

しかし、軽いいびきの場合には生活を改善することで、いびきを予防・直すことができます。

肥満が原因の場合は、減量することでいびきを防止できます。喉・首周りの脂肪をおとすことで、空気の通り道を広くして、いびきを防ぎます。
いびきだけでなく、減量によって生活習慣病も防ぐことができますね。

アルコールを控えることもいびきを予防します。アルコールによって、筋力が緩み上気道が狭くなっていびきをかくと考えられています。
健康のためにもアルコールの摂取はほどほどにしましょう。

喫煙、たばこをすうとは喉の炎症を引き起こしていびきの原因になるので、あまり知られていませんが禁煙することもいびき防止になります。

また、空気の通り道を確保するために仰向けではなく、横向きに寝る方法もあります。高い枕では横向きに寝るのは難しいので、枕を低くして横向きに寝てください。

いびき対策グッズとしてノーズ・クリップやいびき軽減用の枕なども販売されているので、自分に合ったものを選んで使用するのも良いでしょう。
口呼吸をせずに、鼻呼吸へと導くマウステープも販売されています。

このような生活習慣の改善を行ってもいびきが治らない場合には、病院に行って治療を受けてください。いびきは恐ろしい病気の引き金かもしれません。
たかがいびきだと思って放っておかず、きちんと診断を受けましょう。

いびきで悩んでいる人には、雲の安らぎは大変お勧めの寝具です。当サイトで紹介しているので一度ご覧ください。