雲のやすらぎ 寝心地 いびきの関係とは?

じつは結構数多くいびき(鼾)に悩んでいる人や、悩ませる人がいます。
では、いびきとは何でしょうか。

いびきとは、睡眠時の呼吸によって起こる雑音です。
いびきは、呼吸によって気道や軟口蓋(なんこうがい)、鼻腔の粘膜が振動し、独特の音を発生します。

軟口蓋とは、口の奥の柔らかい部分をさします。
口蓋とは上あごのことで、軟口蓋はこの口蓋の後ろ1/3くらいの柔らかい部分であり、発声する時や物を食べて飲み込む際に動きます。

発声練習では、この軟口蓋を上げて発声するようにと教えています。

軟口蓋は、食べ物が口に入っている間は舌とくっついて、食べ物が咽頭(=のど)に入らないようにします。

物を飲み込むときには咽頭部と接触して鼻に入らない仕組みです。

通常、とうぜんですが起きているときにはいびきをかきません。
しかし、睡眠中は体の筋肉が緩むので上気道の筋肉も緩んで、その結果上気道が狭くなります。

空気の通り道が狭くなるために、そこを空気が通ると粘膜が振動します。その振動がいびきなのです

じつは、このいびきには病気が隠れている場合もあります。

単にいびきがうるさいと思わずに、大きないびきが続く場合や、無呼吸状態が続く場合は一度病院に行って診察を受けましょう。いまは、いびきの治療も積極的に行っている病院もおおくあります。

空気の通りが悪いということは熟睡していないので、体にもよくありませんし、疲れも取れません。

睡眠時無呼吸症候群という病気もあるほどです

しっかり治療することで、いびきの原因となる病気が治ると同時に、本人や家族もいびきに悩まされることがなくなります。

医師に適切な治療を受けて、充分睡眠を取れるようにしてください。


十分な睡眠をとるには、いびきの治療と同時に布団も大切です。

雲の安らぎというお布団を紹介しているので、トップページを参考にしてみてください。